ブログ / BLOG

特集記事

6/15/2019

家族

私は 昭和生まれ

まだこう言うシーンが 小さな頃記憶にある

洗濯板で 洗ったり

母親が家事をしてる横で こうして遊んでた

こんな普段の生活の中で 

当たり前に 掃除や洗濯 料理を覚えていったのだ。

20年前とは 大きく変わったバリ島だが

まだまだ 村に入っていくと

昔の姿が残ってる

 川で遊んだり

兄弟や従兄弟と遊んだり

どこかに習いに行かなくても

こうして 見て覚えて大きくなった

こんな生活

ずっと残って欲しいな

とても気さくに写真を撮らせてくれて

今度行った時は プリントを届けよう

6/15/2019

すでに 半分が過ぎていた。

pcを開いても ネットはほとんど開かないで仕事ばかりだったから

blog 見たら 半月も更新してない。

あはははは

落ち着いて作業ができる 余裕がなかったようだ

バリ島のジャングルで見つけた こんな木のように

グイーーーーと  光に向かって のびていこう!

梅仕事 シゾ仕事 

無農薬で作った野菜は 石臼スロージューサーで 食べれそうにないところまで いただける

半自給自足の中で 畑をやり土や雨や 光の中で 植物と会話し始めると

自分の体の中に入れるものが 

とても大事に感じれる

子供達にもこう言う 食育をさせてあげたいと思おうの...

5/29/2019

よく見るであろう

鳥居の写真は。。。。。

いざ その前に行くと どの神社でも このシンプルな鳥居だけで 

どうとっていいか? 悩んでしまう

始めておとづれた この鳥居

暑い日で熱中症のようになり日が沈む時間まで静かな場所にうずくまる

たまたま 我が人生どう歩くか? の選択肢にもぶつかる時で

観光客が中国やアジア諸国から若者が訪れている

まさにここも インスタの影響だろう

先日感じたバリ島での あのインスタ映えのシーンに世界中から集まる人を見ていた後だから

まだ かわいいものだ? と思えたが

これまた きっと 大変なことが起きるかも???

と 思った。

せめて...

5/28/2019

多忙でした

こんな わけわからない多忙な5月はなかったな。。。。

家族が増えて ヘルプに関西まで

普段 体を休ませてる私には ヘロヘロで

個人病院の産科は家族の出入りも自由で 分娩室でも写真が撮れた

命の誕生に 母親の表情に感動して シャッターを切る

我が子を産むとき母親や義理の親に来てもらったが

それがどんなに 歳いったものにとっては 環境も変わり大変できついことか?

身を以て体感した

母親がよく もう来れないからね。。。

と言い残して 帰るときに なんで?そんなこと言うのかな?と思っていたが

こう言うことだったんだ。。。。とつくづく感じたのだ

改めて...

5/16/2019

小さな村を車で通るとき ちょうどお祭りの前だった

各家からお供え物を持って集まる人々

快く 写真を撮らせてくれた皆さんありがとう

こうして頭にお供え物を乗せて歩ける女性は 現代は少なくなったようだ

5/15/2019

ばえばえ。。。。と言われるこの世の中

インスタばえ。。。。とかで 人が集まる。それに便乗して そういうモードの場所もできてくる

おいおい。。。

世界中の人間が それでウオサオしてるではないか?

これは私には 世界の不思議にしか見えなかった。

バリ島の東のはずれ なかなか主要都市からは行きにくい寺院だが

インスタで皆さん載ってるのは知っていたが

まさか?

まさか?

ここまで観光客が!!

そして 何しに来てるか?

お寺にお祈りに来てるわけでもなく お寺の作りを見に来てるわけでもなく

ただ このインスタ映えの写真を撮りにだけ来ている。。。

それも 長蛇の列に並び

ス...

5/15/2019

20回以上通ってたbaliだが 随分と前フィルムの時代だった。

そう気がついたら デジタルのデーターがない

新たにデジタルで撮ればいい。。。。

そう今回は思って 出来るだけ シャッターを切った

街中の開発と物価の上昇には恐れ入ったが

田舎に行けば 昔のバリの姿は残っている

ホッとした。。。。。

やはりこの土地 文化の人が好きだなと 実感する今回

撮影に一つだけ滝を選んだ

悩んだ末

この場所に行くために朝5時起き

夜中は星撮影でほとんど寝ないで向かった

幸せな地球の姿だった

雨と風と光とそのおかげで 緑が繁々と。。。。。

なんだか昨日まで 生活のことで喧嘩して...

5/14/2019

20年ぶりのバリ島

20年の年月は 大きく人の生活も環境も変化していたが

ここのビーチから見るサンセットは 変わらない。。。。

最後に見れてよかった

みんな幸せに遊ぶ

どんなに観光化が進めど

陽は昇り

陽は沈む

そしてまた陽は昇るのだ

4/28/2019

都会は開発され人々の心も忙しくなり

無心になる時間も忘れてしまってるが

まだまだ こんな子供たちもいる

在りし日の姿のまま  お母さんが側にいて撮らせてくれた

ありがとう。。。。

水浴びする子供に 

母は川で洗濯

戻ってきてよかった この場所に

そして今夜は ジャングルの中 初めて見た蛍

地元でも蛍に遭遇するが 姫ホタルだろう。。。あんなに一斉に 声でもかけたか?

のように 花火のように光る姿

それも激流の中で

かんしゃ

4/26/2019

なんだろうか?

すごい細い暗い路地に入っても怖くない

日本でも怖く感じるのに

バリ島は実家に帰るより沢山リピートしてきたが

それでも 山の方は 毎回ステイ場所に入れていた

空気? 匂い? 風?湿度? 虫の鳴き声?

何故か?

一人でも 楽だし怖くもないし 寂しくもない

実はまだ実家の方がこんな長い日にちはいるのが出来ないのだ。

今の観光客は 中国、韓国、

昔から近いのもあり オーストラリアやNZの人が多い。

一昔前は 日本人があふれていた

今そのバブルは完全に中国人だ

たった一組しか日本人には会ってない

こんな疲れない街は なかなか無いものだ

今はある程度水道の水...

Please reload

イタリア 旅 続き。。。

December 6, 2018

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

タグ検索
Please reload

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

All Photos Copyright (c) 2017 MIEKO NARITA All rights reserved.